見せ合いクラブ ライブチャットエロホスト

お昼にヒアリングしたのは、ちょうど、現役でステマのアルバイトをしている五人の少年!
出席したのは、メンズキャバクラでキャストとして働いているAさん、普通の大学生Bさん、売れない芸術家のCさん、ライブチャットエロホストタレント事務所に所属したいというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「先に、ライブチャットエロホスト着手したキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんは後ほどお話しください」
A(元メンズキャバクラ勤務)「僕は、女性心理が分からなくて始めたいと思いました」

いやらしい関係を見せ合いクラブ ライブチャットエロホストは使い勝手が良い

B(現役大学生)「オレは、見せ合いクラブ稼げなくてもいいと考えて躊躇しましたね」
C(シンガーソングライター)「私は、演歌歌手をやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのにさっぱり稼げないんですよ。有名になる為には脚光を浴びない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんでライブチャットエロホスト、こういう体験をして見せ合いクラブ、一旦アンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(タレント事務所所属)「わしは、○○ってタレント事務所に所属して音楽家を目指していましたが、一回のリサイタルでわずか500円しか貰えないんで…先輩に教えて貰ったサクラのバイトをやっていたんです」

更に見たい見せ合いクラブ ライブチャットエロホストが告白してきた

E(コメディアン)「本当のところ、うちもDさんと相似しているんですが、1回のコントで数百円の快適な生活してるんです。先輩に教えていただき、ステルスマーケティングの仕事をすべきかと悩みました」
なんてことでしょう、メンバー五人のうち三人が芸能事務所に所属しているという貧相なメンバーでした…、ところが話を聞いてみずとも、彼らにはステマによくある心労があるようでした…。

関連記事