ライブチャットAYU らくがきライブ女

出会い系サイトにハマっている人は頭の中はどのように求めているのか。
そういった気になる点の答えてもらうべく、こうやってネットを通じて質問する人の募集をかけて、東京のとある喫茶店でインタビューを敢行しました。
呼んだのは、コンスタントに出会い系サイトの知り合いと絡んでいる男女五人。

好きか嫌いかライブチャットAYU らくがきライブ女の真実

男性陣から順に、毎日会社で働くA、子どもがいて離婚歴のあるB、新人ホストC、ライブチャットAYU女性メンバーは、ライブチャットAYU警備員として業務にあたるD、グラドルデビューしたEの2人です。
インタビューを始める前に、筆者は五人の回答者に、らくがきライブ女アンケート用紙に記入してもらい、その回答から、話を広げる形でインタビューを実行しました。
筆者「今から、アンケートにこれまで出会い系サイトを通して会った男性が相当の数になるEさんに詳しく話を伺いたいんですけど、どんなプロセスがあって二十人もの異性と関わりを持ったんですか?」
E(グラドル経験が浅い)「わたしの方式ですが、らくがきライブ女毎日違う人と話したくなるんです」

壇上ではライブチャットAYU らくがきライブ女が好き

筆者「別の相手ということは、次の日は相手も会うって意味でしょうか?」
E「飽きるんですよ。それと、他でもいい人いるだろうって思うと、メアドを削除しちゃう。メッセ来ても、出会い系サイトのなかにはいくらでも相手はいるって思ってどうでもよくなる」
フリーダムなEさんに、「そんなに会えるものなんだ」とショックを受けるCさん、Dさん。
そうして、Aさんが驚くべき経験を筆者にカミングアウトしてくれました。

関連記事